女性マネージャーだからできる組織づくりを


今回は、コンサルティング本部でマネージャーとして活躍している女性にインタビューしました!


ー入社時期と業務内容を教えてください


CS-Cに入社して4年目になります。
3年程グルメ事業部でコンサルタントをしたのち、
現在はビューティー事業部でマネージャーをしています。


ありがたいことに毎年昇格することができ、2年目に「チーフ」3年目に「サブマネージャー」
そして4年目の現在は「マネージャー」としてチームマネジメントをしています。


ーCS-Cに入社を決めた理由を教えてください


前職では営業をしていたのですが、
たとえクライアントの利益に繋がるかわからない商品であっても
自社の利益のために営業しなくてはならないことに、疑問を感じていました。


そこで、自社の利益だけを追求するのではなく、
クライアントの業績と自社の利益が一致する仕事がしたいと思うようになりました。


自分が納得できる仕事がしたいと思って転職活動を始めたんですけど、CS-Cの求人をみた瞬間に運命を感じました。
クライアントの利益と会社の利益が一致してる会社だ、って感じたんです。


「CS-Cでダメなら私には他はない」と思って面接に臨みました(笑)


ー今までで大変だったこと、苦労したことは?


サブマネージャーに昇格した時が、一番苦労しました。


それまでは自分の成果を追い求めればよかったのですが、
チームを持つようになり、チームメンバーの成長やメンバー毎のクライアントと
見る範囲が広がり、完全にキャパオーバーになりました。。


はじめは「自分ひとりで」何とかしようとしていましたがうまく行かず、
「チーム全体として」より良くなるためにはどうすればいいのか、という思考に切り替えました。


具体的には、チームメンバーに役割を与えて
メンバー自身も、チームとしても成長していけるよう工夫してから
チーム全体の動きが良くなり、上手くいくようになりました!


ー自分が成長したな、変化があったなと思うところは?


私は役職を与えて頂けたからこそ、成長し続けられたと思っています。
役職が変わるごとに期待されることも変わってきますので、
その期待に応えようと努力し続けてきました。


私は安定することを嫌う性格なので、変化が多い今の環境がとても楽しく、
4年目の今でも毎日がチャレンジで、成長の連続です。


ー仕事のモチベーションは何ですか?


プライベートの時間が、仕事のモチベーションになっています。
週末は心置きなく旦那さんとの時間を過ごすために
平日仕事を頑張っているというイメージで、
私にとってはどちらもなくてはならないものです。


「家庭との両立」は働く女性にとって重要なテーマかなと思います。
私たち夫婦の仲良しの秘訣は
必ず朝ごはんを一緒に食べることと、毎日欠かさずお弁当を作ることです!(笑)


ーCS-Cの強み


経験できる量と質が圧倒的なので、成長スピードが早いですね。
常に変化し続けているので、それだけの経験とスキルを身に着けることができます。


ーCS-Cの弱み


う~ん、教育?
時には型にはめる教育も必要だと思います。


コンサルタントになるための教育やWEB、テクノロジーをインプットするための環境はありますけど、
もっと当たり前のところの教育ですかね。

例えばビジネスマナーとか。まだ足りないと思います。


それと、フォロー体制。

人数が増えると一定確率でどうしてもついてこれないメンバーも出てきます。
不安をしっかり聞いて、相談を聞けるようにしたメンター制度はとても良いと思います。
これからも人数が増えていくと思うので、常にアップデートしながら良い仕組みにしていければいいと思います。


ーCS-Cで実現したいこと、やりたいことは?


まだ社内で多くはない女性マネージャーということで、
女性だからこその視点で組織づくりに取り組みたいと思っています。


具体的に目指していることは、「働きがいのある会社」の女性ランキングに選定頂くことです。
女性が活躍している会社として外部からも評価いただける会社になるべく、
私が先陣切って走っていきます!