新卒入社した1年生の声 第一弾!


今回のCS-Cマガジンは新卒入社した1年生の声をお届けしたいと思います。


ー入社時期と業務内容を教えてください


-Eriko

新卒1年目で、コンサルティング本部のビューティー事業部に所属しています。


-Keisuke

新卒1年目で、コンサルティング本部のグルメ事業部に所属しています。
飲食店の売上アップのため頑張っています!


ーCS-Cに入社を決めた理由を教えてください


-Eriko

理由は2つあります。

1つ目は、20代のうちに色々なチャレンジをしてバリバリ働きたかったこと。


2つ目は、面接を通して感じた「人」の魅力です。面接では、私のことを一人の人として見てくれていると感じ、この人たちと一緒に働きたい!と強く思ったことを覚えています。


-Keisuke

父が地元の高知県で店舗経営をしていて、大学時代に手伝いをしていました。
卒業後すぐに実家を継ぐことも考えましたが、もっとスキルを身につけてから継ぎたいと思い
店舗ビジネスのコンサルティングをしているCS-Cに入社することに決めました。



ーCS-Cを選んだ決め手を教えてください。


-Eriko

社内外問わず「この人に任せれば大丈夫」と頼られる人になりたいと考えています。

今は上手くいかずに困っているクライアント様にも成果を感じて頂き「CS-Cはやっぱりすごかった!」と思ってもらえるように頑張っています。


将来の夢はまだ見えていませんが、やりたいことが見つかった時に実現できる自分であるために、いまは目の前のことに全力で取り組んでいます!


-Keisuke

将来的には地元の高知県で実家を継ぎ、大好きな地元の魅力を伝えて地元を元気にしたいという想いがあります。


その為にまずはコンサルタントとして、クライアントにとって何でも話せる存在になりたい、
例えば、本当に悩んでいる時に思いつくのが自分でありたい。
そしてお互いに意見を出しながら一緒に進んでいけるような存在になりたいです。



ー今までで大変だったこと、苦労したことは?


-Eriko

私はもともと計画性がなく、ゴールから逆算して行動することに苦労しました。


しかし、CS-Cでは全社員が必ず週に1度上司とのレビューを行っていて、
そこで長期ゴールの設定とそこから落とし込んだ週次ゴールを立てて活動しています。

そのおかげで、ゴール設定や逆算して行動する力はかなり鍛えられたと感じます。


-Keisuke

新人研修の中のひとつである営業研修が大変でした。


営業研修を実施している目的は2つあって、
1つ目は、クライアントを獲得する難しさを体感することで、本当の意味での「クライアントファースト」を知ること、
そして2つ目は、どの業務にも通じる「提案スキル」を身に着けること、
です。


僕はもともと人見知りな性格で初対面の人と話すことに苦手意識があり、正直当時はキツかったです。

ただ営業研修を通して苦手を克服することができ、
今ではクライアントの社長様と二人で食事にも行けるほど関係値を築くことができ、自信にも繋がっています。


ーやりがいを感じる瞬間、嬉しいと感じるとき


-Eriko

クライアント様の業績が上がったときに
「CS-Cのおかげでお店のスタッフもみんな喜んでます」と言っていただき
お店全体で喜んでくださったことがすごく嬉しかった記憶があります。


-Keisuke

クライアント様から頼りにしてもらうことはもちろん、
社内では「ありがとう」や「成長したな」と言ってもらった時に
クライアントに対してだけでなく、社内でも役に立てていると気付き、嬉しく感じます。


ー自分が成長したな、変化があったなと思うところは?


-Eriko

入社したての頃は自分のことでいっぱいいっぱいでしたが、以前よりも周りに目を向けられるようになりました。


自分の目標を追うことも大事ですが、それだけでなく
チームとして成果を最大化するためにはどうすればよいかを考え、日々行動しています。


-Keisuke

結果にコミットする力がつきました。


実は僕、新人研修では新卒メンバー25人の中で最下位だったんです。
目標を達成できなかったことが物凄く悔しく、コンサル部に配属になってからは
「絶対に見返してやる!」という気持ちで目の前のことを全力でやってきました。


その結果、今では社内外問わず信頼関係を築けるまでに至りました。
やってきたことは小さな一歩の積み重ねですが、結果にコミットする力が身についたと思います。



ー仕事のモチベーションは何ですか?


-Eriko

クライアントが喜んでくれるのもひとつですが、社内のコミュニケーションもモチベーションのひとつだと感じています。

みんな仲が良くて、落ち込んでいる時も話しかけてくれたり
先輩や同期にはいつも助けてもらってばかりで
一緒に頑張る仲間が沢山いるから、私も頑張れています!


-Keisuke

自分は誰かに頼ってもらえることがモチベーションに繋がっています。

まずは先輩やクライアント様に頼られ、任せられる存在になりたいです。

そしていずれは、尊敬する父を超えて、認めてもらいたいと考えています!