飲食チェーン大手の株式会社ピアーサーティー様に「C-mo」をご導入いただきました

株式会社ピアーサーティー(本社:岡山県倉敷市)が展開する「かかし」、「五穀」をはじめとするレストランにおいて「C-mo」を導入したことをお知らせします。株式会社ピアーサーティーでは「C-mo」の導入によりデジタルマーケティングを強化し、さらなる集客・売上の改善を目指します。




❚ 導入の背景と目的

株式会社ピアーサーティーは「かかし」、「五穀」をはじめとするレストランを展開しています。

商業施設内を中心に展開しているため、集客においては料理サンプルなどのように、店頭から店内に誘致するための施策に力を入れていました。
その一方でデジタルマーケティングの必要性を感じていましたが、マーケティング人材・ノウハウ不足などの理由から積極的に取り組めていませんでした。

そこで、デジタルマーケティングの強化によって更なる集客・売上の改善を目指すために「C-mo」の導入を決定いたしました。


❚ 「C-mo」選定のポイント

株式会社ピアーサーティーでは、以下の理由から「C-mo」の採用を決定しました。

● デジタルマーケティングに必要な機能をワンストップ提供



デジタルマーケティングとひとことで言っても、オウンドメディア・マップ・SNS等多様なマーケティング手法が存在します。「C-mo」はこうしたあらゆるマーケティング手法に対応しており、安価で効率的に集客・売上を改善できると判断されました。


● 生産性の向上に繋がる
これまでデジタルマーケティング施策は各SVに任されていたため、属人的な運用や効率面での課題を感じていました。
「C-mo」を活用して店舗のメニュー変更や投稿を一括管理することで情報発信の標準化を行い、業務効率化・生産性向上に繋がるとご期待いただきました。


❚ 株式会社ピアーサーティー北関東・東海 取締役社長 日高 直人氏 コメント

「C-mo」の豊富な機能と充実のサポート体制でデジタルマーケティング全般を強化できると感じて導入いたしました。
マーケティングに力を入れたくても何から始めればよいかわからない状態でしたが、中長期的なロードマップを描いていただき、今後は様々なことにチャレンジができそうです。
飲食業界に甚大な被害をもたらした新型コロナウイルス感染症もようやく収束の兆しが見え始め、今後のインバウンド集客にも期待をしています。
「C-mo」の活用によって、弊社の強みやこだわりをWEB上でお客様に届けられるような受け皿をつくっていきたいです。